FC2ブログ
ドイツの晩ご飯
2006年01月25日 (水) | 編集 |
今まで「朝ご飯」「昼ご飯」とくれば・・・「晩ご飯」なわけで
「晩ご飯」こそドイツは質素なんです。冷たいご飯のことをドイツ語で「カルテスエッセン」と言います。そしてこの地域・シュヴァーベン地方では「フェシュパ」と呼んでいます。

基本的なフェシュパはまずドイツの黒パン!8mmくらいにスライスし、ソーセージの薄切りやチーズをのっけて食べます。スープの時はパンをちぎってスープに浸しながら食べますね~。

付け合せとしてはトマトやきゅうりなどの生野菜、ピクルス系などなど。私が好きなのはニシンのすり身団子を酢漬けにしたモノかなぁ。

ドイツ人の中には、夜重いモノを食べると寝れなくなるという人もいるし、チーズとワインだけ!なんていう人もたくさんいます。私はやはり日本人。夕食が1番のメインであって、やっぱり温かいモノを食べたい派。ま~ね~、面倒臭い時には大変ありがたいことなんですけどね。

子供たちの出産で入院した時、フェシュパが辛かったぁ~。本当にね、薄切りパン2枚とスライスチーズ2枚とかの世界なんだよ~。夫君に言って姑が作ってくれたシュニッツェル(ドイツ風トンカツ)とかデリバリーピザとか差入れしてもらったσ(^_^; です。

あ~~だから産後太りになったのか?(爆)

ポチっとよろしく。励みになります!←ポチっとよろしく!。励みになります。

【PR】こだわりの国内産☆【黒酢もろみ】疲れにくい体を作ります♪
【PR】人気のブランド品を激安価格で!『バーゲンドリーム』
【PR】◆ストレスなしのダイエット!!◆【サラシア自然派クッキー】

山崎まさよし

スポンサーサイト



テーマ:ドイツ
ジャンル:海外情報
ドイツの昼ご飯
2006年01月24日 (火) | 編集 |
ドイツではお昼ご飯が一日のうちのメインになるんです。なので温かい食べ物を食べるのです。書き方がちょっとヘンだね~。後の2回は逆の冷たい食べ物ということになるんです。

子供たちはお昼で学校が終わって帰ってくるし、ご主人たちももし職場から家が近かったら一度家へ帰って食べるんです。私の舅・クルトはず~っとそうしていました。休み時間は45分だから、12時に食べれる用意ができていないと姑・リンデに怒鳴っていましたもん。(クルトは去年から定年を迎えて、今はのんびりやっております。)

でも昨今は会社からお昼に帰ってこれない人も多く、そういう人たちは外食したり社食へ行ったり、お弁当を持っていったりしています。夜に温かくどっしりと食べたら寝れない!というドイツ人が多いので、夜に温かい食事をしているのかどうかはわかりません。
我が家の夫君は温かろうと冷たかろうと、お腹に入ればいい!という人なので、昼を温かくしチンして食べてもらったり、夜に温かくしたりとマチマチです。

特に私が田舎暮らしだからなんだけど、子供ができたら女は家に!っていう風習が強いです。おまけにどこの家もまるでモデルハウスのようにピッカピカだし・・・。
あ、話がそれた~。家事についても追々と。

\"ゲルボリューベンとハンバーグ\"

上の画像は私の「1日目」のメニューに書いてあった「人参のシチュー風とペンネ、小ぶりのハンバーグ」です。
こんな風に一種類の野菜をクタクタドロドロ煮て、ヌードルやじゃが芋料理に掛けて食べます。そしてちょっとだけでもお肉類。ハンバーグやソーセージなどなど。ちなみに人参の煮たのをここでは「ゲルボリューベン(方言で人参ってことなんですけど(⌒o⌒;) 」と呼ばれています。

最近でこそ健康ブームになり、肉類を少なめに!みたいな風潮があるものの、やっぱりここはドイツ! ソーセージ系が強いですね~。おまけに美味しいのよ、本当!種類もメチャあります。メツカ(肉屋さん)によってレシピも違うし。

ここシュヴァーベン地方の名物料理の1つに「シュペッツレ」というヌードルがあります。卵入りのヌードルで、スーパーなどで乾燥したのも買えるのですが、これはやっぱり手作りが1番美味しく、我が家でも週に2,3度はお目見えするくらい食べるんです。また画像を撮ったら載せませね~。


ポチっとよろしく。励みになります!←ポチっとよろしく!。励みになります。

【PR】ブランドやロールスクリーンが半額、詳細はこちらから
【PR】DHCは通販化粧品売上No.1
【PR】【楽宿】人気のお宿はここだ!

商品一覧(EGGFORM/エッグフォルム)


テーマ:ドイツ
ジャンル:海外情報
ドイツの朝ご飯
2006年01月23日 (月) | 編集 |
前にもちょっと書いたんだけど、ドイツ人の食生活は本当に質素。「食」に幸せを求めていないんだよね。なんていうのか・・・体を維持するため!みたいな感じに思えてなりません。なのに、でかい人は凄くでかいし。

全般的になのですが、私の書く事は私の住むこのエリア(シュヴァーベン地方・南西ドイツ)で見聞きしたことです。日本の県民性と同じで、エリアによって風習とか言語がガラリと違いますので、そこのところは覚えておいてくださいませ。私が書いたことはドイツ全域でのことではありませんので~あしからず。

さてさて、今日は「朝ご飯」について

小さい丸い白パン(ブロートヒェン)を食べます。水平に半分に切り、バター(無塩)を塗って、ソーセージの薄切り(日本では総称でハムと呼んでいますね)やスライスチーズをのっけたりして食べます。

また、多くの人は甘い朝ご飯を食べます。ヘーゼルナッツをベースにしたチョコレートクリームみたいな「ヌーテラー」とか、ジャムをブロートヒェンにつけて食べます。ケーキだってありなんですよ

なんせ朝が早いんです、ドイツって。仕事は7時半とか8時から始まりますから。子供たちの学校も7時45分から始まります。車で30分かかるので、家を出るのはいつも7時。なので6時半に朝ご飯です。

最近では上記の朝ご飯をキッチリ取る人はそんなにいないと思いますね~。朝はかなり忙しいはずだもん、ドイツ人。お風呂は週に1度(土曜日や日曜日の教会へ行く前とかに入るの)だし、体臭がありますからね~。なので毎朝シャワーを浴びます。だから、朝ご飯は「ミューズリー」という穀物やドライフルーツを混ぜたのをヨーグルトに入れたり、コーンフレークっていうのもあり。

会社に出勤した後、マチマチではありますが、9時頃に朝ご飯タイムがあるんです。その時に出勤途中で買っていったパン類を食べたりしています。学校でも休み時間になるとお弁当を食べてもいいし。

我が家は普通の朝食の時もあれば、甘い朝食の時もあるし。寝坊したらコーンフレークだけ!っていう日もあります。そういう時はお弁当を多く持たせていますけどね。

じゃあ、今度は「お昼ご飯」について書きますね~。お楽しみに!

ポチっとよろしく。励みになります!←ポチっと。励みになります。

【PR】美と健康のセレクトショップ 【PR】【べっぴんモール】
【PR】特別な一日に贈るフラワーギフト 日比谷花壇
【PR】疲れ目やかすみ目が気になる方にブルーベリーアイ!







テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
ドイツで和食
2006年01月19日 (木) | 編集 |
ドイツのデュッセルドルフには約8千人の日本人が住んでいます。ほとんどは駐在さん。なのでインマーマン通りにはずら~っと日本のお店が軒を連ねています。日本食材店、和食のレストラン、パン屋さん、本屋さん、レンタルビデオ屋さんなどなど。連なっていると言っても3丁くらいなんですけどね。「デュッセルは日本の植民地」と揶揄されるくらいなんです。

あと、フランクフルト、ミュンヘン、バンブルグ、ベルリンなどの大都市にもあります。

私の住む西南ドイツは・・・コンサバティブですね(笑)。
州都であるシュツゥットガルトまで車でアウトバーンをかっ飛ばして30分くらいなのですが、日本人が経営している和食レストランは1軒。アジア人がやっている寿司屋数件&回転寿司1軒。食材店も比較的日本の食材がメインなお店は1軒。あとはアジアショップの一角にあるくらい。

私の住む周辺には・・・アジアショップの一角にあるくらい。

来た当時に比べるとと~っても便利になりました。遅まきながらも5年くらい前からドイツでも寿司ブームだし。なのでどこへ行ってもお醤油は手に入ります。このお醤油はキッ●ーマンのオランダの工場で製造されているので、比較的お手頃なお値段。でも、私にはちょっと甘いのよね~。

日本の食材が簡単に手に入るようになったものの、問題があるのよ・・・。それはお値段!

日本の定価の約2.5倍もするの。輸入物だからね。それを物価も手取りも日本の8割くらいで生活しているドイツ庶民な我が家には高い買物になります。
なので調味料関係だけ買い、後は現地の物で応用するわけよ。後は安い韓国産、中国産を使うとかね。だから我が家の和食は週に2度くらいかなぁ~。
で、我が家で高いけれどもこれだけは常備!というのがQ●のマヨネーズなの(笑)。USもそうだったけど、マヨネーズがこれまた甘いの。たぶん、酢の違いだと思うんだけど。こちらは何でもワインビネガーだから、甘みが強いんだよね。日本の米酢のような酸味がないの。夫君も子供たちもQ●のマヨネーズを食べてから他のマヨネーズを食べなくなりました。おまけに家族揃ってマヨラーだし~ヾ(≧▽≦)ノ

いっぱい書きたいことがあるんだけど、今日はこのくらいに。ではでは。


【PR】話題のデトックスサプリメント⇒【PR】『天然生酵母 爽快美人』
【PR】枕の専門販売サイト「枕ぐっすりショップ!」
【PR】スウォッチのイチオシ商品

テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活
ドイツの「食」事情
2006年01月17日 (火) | 編集 |
はっきり言って・・・
ドイツって「食」に幸せを求めない人たちですね。粗食といいますか。決してマズイ!ッていうことではないんですよ~。

まず外食なんて滅多にしません。それこそ何かの記念日がある時くらいです。

ま~ね、特に私の住む南西ドイツはケチなドイツ人がケチ!って言う地域(シュヴァーベン地方)で、夫君はコテコテ・シュヴァーベ(人のこと)ですからね・・・。

それにコンビニはもちろんのこと、お惣菜屋さんというモノがない! ファーストフードは発展してきているものの、なんせ田舎暮らし。車でいかないといけないし。日曜日・祭日はお店も休み。手抜きしたいσ(^_^; には本当に不便この上なし!

で、普段の食事ですが、野菜を(それも一種類とかね)煮込んだシチューというかソースというか、それをパスタや芋料理に掛ける。そこにソーセージとかミニハンバーグ、ドイツ風カツなどのお肉系が付く、というのが定番かな。

なんせ祖先が狩猟民族でしょ。もうね、肉食獣の世界なんですよん。海も遠いしね。魚なんて食べない!というシュヴァーベもいるほどなんですよ!もちろん夫君も肉食派。必ずないとダメなくらいなの

久しぶりに血液検査に行った時、私のコレステロール値がど~んと上がっていてビビりましたよん。おまけに私は道産子。
ホッケが食いてぇ~~!
このカテゴリーもチマチマと書いていこうと思います。ヨロピコ!